南部美人

蔵元直送ネットショップ メニュー

HOME > 蔵元だより > 南部美人inマレーシア・バンコク その3

蔵元だより

南部美人inマレーシア・バンコク その3

バンコク二日目。南部美人をバンコクで卸販売していただいている、SCS TRADING の営業の関口さんと、バンコク市内で南部美人を取り扱っていただいている和食レストランを訪問させていただき、お話をさせていただきました。
最初はランチもかねて「THE GRILL TOKYO」さんにお邪魔をさせていただきました。このお店は本格和食のお店で、高級デパートの中に入っており、お客さんもセレブな方々が多く、マネージャーの鈴木さんとお話をさせていただきました。ちょうどお話をしている時にもタイの国会議員の方もお客さんで来たりと、本当に客層のすごい店でした。鈴木さんは何と岩手出身。岩手の話で色々と盛り上がりました。南部美人の純米大吟醸を置いていただいておりますが、順調に販売をしていただいており、これからも楽しみなお店です。
その後は、ロンドンに本店があり、世界展開している「ZUMA」に行ってきました。マネージャーはお休みだったので、お店だけ拝見してきましたが、ロンドンZUMAのように洗練された店内と、素晴らしい料理、雰囲気はロンドンそのままで、南部美人では純米大吟醸を置いていただいており、こちらもこれからが楽しみなおみせです。
その後は、夕食もかねて、SCSの鈴木社長と一緒に、今バンコクで一番話題の一軒家を利用した和食レストラン「酒茶翁」さんにお邪魔してきました。オーナーの大門さんとは昨日の南部美人のお酒の会でご一緒しており、お店を案内していただきましたが、茶室あり、個室は多く、120席のお店で、大変大きな規模のファインジャパニーズレストランでした。料理もこだわっており、自家製チーズのお刺身などの驚きメニューから、純粋な和食まで幅広く取り揃えており、そのどれもが素晴らしい味わいでした。南部美人は特別純米酒と糖類無添加梅酒を置いていただいております。
ここ2年くらいで、バンコクの和食レストランのレベルが一気に上がり、今ではアジアの中でもかなりのレベルになってきました。今まで遅れていた分を一気に取り戻す勢いで発展するバンコクの和食の世界。これからもこの発展を応援しながら、そこへ私たちの地酒をしっかりと浸透させることで、和食と日本酒の相性の素晴らしさをバンコクにしっかりと伝えていきたいと思います。

一覧に戻る