南部美人

蔵元直送ネットショップ メニュー

HOME > 蔵元だより > 2018年もお世話になりました!

蔵元だより

2018年もお世話になりました!

2018年12月31日、大晦日。皆さんはどのようにお過ごしですか。今年もたくさん南部美人をご愛飲、そして応援していただきありがとうございます!!南部美人にとっても2018年は大きな飛躍の年でした。その中でも5月の全国新酒鑑評会では本社蔵、馬仙峡蔵が見事にダブル「金賞」を受賞し、6月には世界一おいしい市販酒を決める「サケコンペティション2018」において、スパークリングの部であわさけスパークリングが2連覇の日本一、純米大吟醸の部で純米大吟醸が初の日本一、両方あわせて2冠を達成をはじめ、2017年のIWCチャンピオンサケに続く大きな受賞をすることが出来ました。松森杜氏、田村杜氏、玉川杜氏という3人の南部杜氏が本社蔵、馬仙峡蔵でそれぞれ切磋琢磨して酒造りを極めるべくゴールの無い酒造りに真摯に向き合い、挑戦の気持ちを忘れずに、常に進化をしていく姿こそが南部美人の神髄なんだと心から思えた2018年でした。

世界のマーケットでは2月のミャンマーをはじめ、12月のウルグアイなど、今まで日本酒が正式に輸入されていない未開の地を率先して最初に踏むことも出来ました。世界はまだまだ広く、アメリカやイギリスなどの日本酒先進地以外でのこれからの日本酒をどのように浸透させていくか、1つの答えを見つける事の出来た1年でもありました。もちろん昨年以上に輸出の全体量も増えて、来年以降もさらに忙しくなりそうです。

まだまだ課題や新しい取り組みなどにも挑戦していかなければいけない南部美人ですが、チーム一丸となってこれからも頑張っていきます。1年間本当にお世話になりました。良いお年をお迎えください。日本酒で「乾杯」!!!

株式会社南部美人

代表取締役社長(五代目蔵元)

久慈 浩介

一覧に戻る