南部美人

蔵元直送ネットショップ メニュー

HOME > 蔵元だより > 和醸和楽酒アカデミー番外編in大阪

蔵元だより

和醸和楽酒アカデミー番外編in大阪

今日で東日本大震災から3年が経過します。被災地岩手ではまだまだ復興の道半ばで、震災後描いていた3年後の地域、3年後の自分の姿になっていないところが多く、スピードをあげて復興に取り組まなければいけないと痛感しています。そして今日はたくさんの祈りが日本中でささげられる日です。東日本大震災を忘れてほしくない、風化させたくない、というのが私たちの本音です。祈りをささげていただける皆さん、本当にありがとうございます。

「0杯を1杯へ」の理念を掲げて活動する日本全国の若手蔵元と若手地酒専門酒販店が組んで結成している「和醸和楽」ですが、大阪の辻調理師専門学校さんと連携して、本年度は6回の酒アカデミー講座を連載で開催してきました。先日すべてのカリキュラムが終了しましたが、昨日は「番外編」として、学校から外に飛び出して、OBのお店で料理と酒の相性を学ぶ講座を行いました。

OBのお店は本町にある「びすとろぽたじぇ」さんで、フレンチのお店です。この店のオーナーは元辻調理師専門学校の先生で、なんと今放送中のNHK朝の連続テレビドラマの「ごちそうさん」の料理指導をしております。そんなすごいお店で、フレンチと日本酒って合うのか、というテーマで番外編を行いました。

大変盛り上がった会になり、相性の良い組み合わせ、そしてもうちょっと考えることができるのでは、という組み合わせなど、ディスカッションをしながら楽しく学ぶことが出来ました。

IMG_20140310_164917883

一覧に戻る