南部美人

蔵元直送ネットショップ メニュー

HOME > 蔵元だより > 南部美人世界一周物語 その5

蔵元だより

南部美人世界一周物語 その5

私がサンパウロで、もう3年近く続けている、現地の日本人が読む新聞「ニッケイ新聞」にコラムを連載しております。毎週1回、日本の日本酒の状況や、日本酒の基礎的なお話、そしてあっと驚く岩手の話など、様々なお話を書いております。
そのニッケイ新聞社に今回もお邪魔してきました。今のブラジルの現状、ワールドカップやオリンピックが間近に開催される地元の雰囲気、日本食レストランの状況など、様々な情報交換をさせていただきました。コラムもまだまだ元気に連載を続けていきます。
その後、南部美人をはじめ、大吟醸や純米大吟醸などの高級酒をサンパウロで一番最初にメニューに入れてくれた「KINOSHITA」レストランにお邪魔しました。このお店は、日本酒専用冷蔵庫を持ち、5度から8度の間でお酒を管理している、ブラジルでも珍しい品質管理に徹底したお店です。さらに、ブラジルのレストラン全体でも3本の指に入る高級店で、現地のブラジル人がNYレベルの和食と日本酒を楽しんでいるお店です。
長く南部美人をやっていただいているお礼や、今の現状などについてマネージャーとお話してきました。
あっという間のブラジル滞在でしたが、今回もブラジルの底力を感じました。まだまだ経済発展していき、日本料理のレベルアップも進み、日本酒だけが求められてもなかなか蔵元が応えることができない現状はちょっと悲しく、距離は遠くても、可能性に満ち溢れたこの国で、祖国を日本に持つ日系2世や3世の皆さんがこんなに多く、こんなに日本を愛してくれるこの国で、さらなる日本酒の啓蒙普及をしていきたいと思います。
余談ですが・・・・、100円ショップのダイソーがオープンしていました!

一覧に戻る