南部美人

蔵元直送ネットショップ メニュー

HOME > 蔵元だより > 南部美人世界一周の旅 その10

蔵元だより

南部美人世界一周の旅 その10

ペルーからウルグアイの首都モンテビデオに入りました。ウルグアイは国の人口が約350万人、面積は日本の半分ほどの国ですが、南米のイメージは全く無い、驚くほどヨーロッパの街並みのような美しいまちです。幅が約50㎞もあるラ・プラタ川を挟み、対岸が見えないほど先にはアルゼンチンの首都ブエノスアイレスがあります。フェリーで2時間ほどで行けるそうです。地図で見ると、モンテビデオはブエノスアイレスよりも南に位置しているようで、そうなると、世界で1番南にある首都となります。

そんなウルグアイ、モンテビデオに今回は初めて来ることになりました。その理由は、在ウルグアイ全権大使であります眞銅大使が私の仲間であり、「チーム絆」という眞銅大使のプロジェクトに私も参加しており、そのご縁でウルグアイにやってきました。ウルグアイはまだ日本酒の輸入が一切されていない事、日本人経営の和食レストランが1つも無い事、日本人移民がほとんどいない事など、他の南米諸国と比べると、日本酒を普及させるのは困難な国なのですが、眞銅大使の熱い想いで、この地に日本酒を根付かせるため、私がお邪魔させていただきました。

まずは、ウルグアイを知る、という事で、様々な場所を視察させていただきました。その中でも驚いたのは、ウルグアイは1,930年に開催された第1回FIFAワールドカップの開催地であり、さらには第1回ワールドカップの優勝国だという事です。その時に建設されたメインスタジアムがまだ現役で使われていました。当時のFIFA優勝トロフィーなども多数展示されており、ウルグアイの方々の最高の誇りなのだと感じました。

そしてとても素晴らしいご縁も感じました。2019年、ラグビーワールドカップが日本で開催されます。岩手県釜石市もその会場になっており、岩手県全体でラグビーワールドカップの成功を応援していますが、何とラグビーウルグアイ代表の試合が釜石の鵜住居スタジアムでフィジーと行われるという事を聞きました!!これには驚きました。素晴らしいご縁だと思います。是非応援したいと思います。

そして、ウルグアイといえば、人よりも多い牛の国。牛肉は最大の特産物で、ガルシアという専門店に行ってきました。ステーキは炭火でじっくりと焼き上げ、赤身の柔らかい肉は最高においしかったです。脂っぽくなく、ボリュームはあるのですがさわやかで上品な肉でした。これは日本酒、特に山廃や生もとの軽めのものと合いそうだと感じました。

未知の国ウルグアイ。でもなんだか身近な国ウルグアイ。未開の地に日本酒の偉大なる一歩を踏み出せるように頑張ります。

一覧に戻る