南部美人

蔵元直送ネットショップ メニュー

HOME > 蔵元だより > 南部美人inミャンマー その1

蔵元だより

南部美人inミャンマー その1

ミャンマーにやってきました。最低気温氷点下10度以下の岩手県から、最高気温が30度近い蒸し暑いミャンマーに来て、気温差にかなり驚きました。今回は、昨年末日本を出荷され、今月にミャンマーに到着した日本酒輸出協会加盟蔵元の10蔵のお酒をジェトロさんと共催でミャンマーの日本食レストラン関係者の皆さんに初お披露目する試飲会を開催しました。ミャンマーの歴史にとって、初めて日本酒の正規輸入となり、まさにミャンマーにおける「日本酒の夜明け」なのです。

今までミャンマーの日本酒事情は、隣国からの並行輸入や、日本からのキャリーでの持ち込みなど、正式に日本酒を輸入する法律が無く、現地の日本食レストランの皆さんも日本酒を売りたいけどしっかりと売れない状況が続いていました。しかし今回のミャンマー初の正規日本酒輸入により、ミャンマーの歴史が代わります。

さらに日本からは冷蔵の船で送り、ミャンマーに入ってからも日系企業の冷蔵倉庫を使い、暑いミャンマーにおいて完全なる冷蔵輸送を整えました。今後は、品質も、そして酒の量も安定的にミャンマーで供給される体制が整いました。まさに現地の日本食レストランにとっては光明がさす形だと思います。

昨日は試飲会の第1日目の日本人経営の日本食レストラン関係者へ向けた試飲会と商談会が行われました。多くの皆さんからとても喜ばれました。まさに未開の日本酒市場ミャンマーに1本の獣道をつくることに成功しました。今後はこの獣道を多くの蔵元のお酒が輸入されることで獣道が道路になり、さらに広い高速道路にしていくために日本酒輸出協会は頑張っていきたいと思います。感激の第1歩を踏み出せて感無量です!

 

一覧に戻る