南部美人

蔵元直送ネットショップ メニュー

HOME > 蔵元だより > 南部美人inラスベガス

蔵元だより

南部美人inラスベガス

ラスベガスにやってきました。前回来た時から4年ぶりのラスベガスですが、相変わらず空港はにぎわっており、景気が悪いとは聞いておりましたが、そんな感じはまったくしませんでした。
今回は、ラスベガスは一泊だけなのですが、ラスベガスの超高級ホテル「ベラージオ」の中に入るファインジャパニーズレストラン「YELLOW TAIL」で、南部美人の大吟醸10年冷蔵古酒を販売してくれている川崎さんにお会いして、アメリカで唯一販売しているこの10年冷酒古酒の売れ行きなどお話を聞きながら、東日本大震災後も様々な支援をいただきましたので、そのお礼をさせていただきました。
その後は、夜遅くまでやっているラスベガスでおそらく最も料理のレベルが高いレストラン「RAKU」にお邪魔して、こちらでも南部美人の吟ぎんがを販売していただいているので、スタッフの皆さんに南部美人のお酒について説明をさせていただく時間をいただき、スタッフセミナーをさせていただきました。さらに料理長の遠藤さんにもお会いして、これほどのレベルの高い料理にどのようにお酒を合わせていくかなどお話しさせていただきました。
朝の4時まで遠藤料理長の素晴らしい料理をいただきながら、南部美人を飲みながら、最後はスタッフの皆さんも交えて大懇親会になるほど盛り上がった一日でした。
ラスベガスは、まさにアメリカの中でも、いや世界の中でも大変異質な空間で、しかし、そこの素晴らしいホテルには必ず和食が入っており、和食のステイタスは大変高く、お酒に関しても酒ソムリエも多くおり、これからどんどん日本酒が広がる素地のあるまちだと感じました。

一覧に戻る