南部美人

蔵元直送ネットショップ メニュー

HOME > 蔵元だより > 南部美人inNY、ラスベガス、LA その13

蔵元だより

南部美人inNY、ラスベガス、LA その13

無事に帰国しました。帰国したらラスベガスで銃の乱射事件があったというニュースが飛び込んできました。つい先日まで滞在したラスベガスのあの同じ地区での銃の乱射。一歩間違っていたら私もその場にいたかもしれません。非常に驚きました。私は無事ですので、ご安心ください。

今回のアメリカ横断も大変学びとご縁をいただく事が多かったツアーになりました。ラスベガス最終の夜は、ラスベガスの「RAKU」のロサンゼルス店にお邪魔しました。ここのマネージャーはシゲさんと言って、私がNYで大変お世話になった方で、NYからロスに移動して今とても頑張っています。そんな姿も見る事が出来てよかったです。大勢の蔵元でお邪魔しましたが、本当に良くしてくれました。

さらには、ロスへの輸出の創成期からお世話になっているリトルトーキョーにある「まこ寿司」さん。後継者も決まって大将のいつも以上の笑顔が印象的でした。相変わらずのおいしい寿司をいただきました。長くお付き合いしてきましたが、そのお店の代変わりにも立ち会えそうでうれしいです。

ニューヨークをはじめ、アメリカでは今本当に和食がとてつもない人気を誇ります。NYもロスもレストランエキスポは15%近くお客さんが増えており、そのほとんどがレストラン関係者という流れです。まだまだアメリカでは、そして世界では和食レストランはオープンするでしょう。さらには高級化も驚くほど進んでいます。高いお酒が本当に良く売れますし、高いお酒を理解してくれる方々が増えました。今まではノンジャパニーズの方々がこういった高級な地酒を好まれていましたが、最近では日本人のバーマネージャーやオーナーが入れてくれるようになりました。日本酒は高くても売れる、日本酒にはそれだけの価値がある、ということをまさに実践しているのだと感じました。世界はまだまだ広く、まだまだ挑戦するステージがあります。これからも世界中が日本酒で乾杯していただける時代を創るために頑張っていきたいと思います。

一覧に戻る