南部美人

蔵元直送ネットショップ メニュー

HOME > 蔵元だより > 阪神大震災から20年

蔵元だより

阪神大震災から20年

昨日は阪神大震災から20年の節目の日でした。あの日、私は蔵におり、朝の麹室の仕事が一段落して休み場に下りてきたら、山口前杜氏がとんでもなくあわてていたので、どうしたのかな、と見てみると、テレビの中であの大惨事が映し出されていました。私の大学時代の大の親友の親族もお亡くなりになり、本当にすさまじい被害だったと思いますが、それから十数年で東北にも同じような震災が起こるとは夢にも思っていませんでした。あの時は完全に対岸の火事状態で、私は何もできず、無力でした。東日本大震災ではたくさんの方々に助けられました。「ありがたい」という言葉の本当の意味を知ったのも東日本大震災でした。神戸と岩手は震災のつながりで、今でも交流がしっかりとあります。東日本大震災で一番最初に私を励ましてくれたのは、阪神大震災で被災した大阪の仲間でした。人の痛みを感じられるのは、同じ痛みを知っている人なんだ、と強く感じました。20年たってもまだ復興途上だという神戸。では東北の20年後は・・・。とても考えさせられる1日でした。

一覧に戻る