南部美人

蔵元直送ネットショップ メニュー

HOME > 蔵元だより > 蒸米は続く

蔵元だより

蒸米は続く

3月も末になると、日本中のほとんどの酒蔵が「甑倒し」と言って、酒の仕込みの最初の段階である蒸米が終わり、そのお祝いが行われております。南部美人でも私が帰ってきたころは、3月中旬に甑倒しを行い、出稼ぎで来ていた蔵人が春の農作業のために帰っていく風景が当たり前でした。

しかし、南部美人では現在、蔵人は社員として雇用しており、出稼ぎ労働者はおりませんので、田植えに間に合わせるように酒つくりを終える必要がありません。まだ3月末から4月は気候も寒く、酒造りには全く問題のない時期ですので、まだまだ南部美人では酒の仕込みが続きます。頑張って最後のラストスパートをかけますので、応援よろしくお願いします。

DSC_4293-1

一覧に戻る