南部美人

蔵元直送ネットショップ メニュー

HOME > 蔵元だより > 南部美人inロサンゼルス、ニューヨーク その2

蔵元だより

南部美人inロサンゼルス、ニューヨーク その2

今回のアメリカ訪問での大きな目的の1つである、ユダヤ人社会への日本酒、そして南部美人の浸透をはかるため、今年4月にユダヤ人の食餌規定を満たした証である「コーシャ」の認定を受けました。今回は、そのコーシャの認定を受けた日本酒と、梅酒をアメリカに住むユダヤ人の皆さんに知っていただくために、ビバリーヒルズでコーシャの日本酒と梅酒を味わってもらうパーティーを行いました。
参加したのは、ユダヤ人の皆さんが中心で、びっくりするほど、今までの試飲会とは別の雰囲気でした。厳しい食餌規定のあるユダヤ人社会では、コーシャ認定された食材や飲料だけを扱うマーケットなども専門にあるほどで、ユダヤ人の皆さんはそれ以外の場所での買い物は一切しないそうです。
そうなると、日本酒はせっかくコーシャの認定を受けても、ユダヤ人の皆さんの手に取っていただく確率は大変低く、今後はそういったユダヤ人社会のマーケットでも販売できるようなネットワークの構築は必須になってくるとお話をしていて感じました。
ビバリーヒルズのあるユダヤ人の方の家でパーティーをしましたが、デリバリーのスシも食事もすべてユダヤ人社会でコーシャ認定されたものだけでした。
さらに、聞いて驚いたのは、有名な高級住宅街のビバリーヒルズですが、住民の8割がユダヤ人だそうです!!これには驚きました。
アメリカで大きな影響力をユダヤ人は持っていると聞きましたが、あれほどの高級住宅地の8割に住んでいるなんて驚きました。しかし、それと同じく、ユダヤ人社会への日本酒の浸透は、コーシャの認定により可能だという大きな可能性も見えてきました。
今までとは全く違う、海外戦略の1つとして、大きな影響力のあるユダヤ人社会、そしてその厳しい食餌規定を尊重するユダヤ人以外のベジタリアンや健康に気を付けるアメリカ人に日本酒をこれからも大いに広げていくために、考えなければいけないことがたくさんあると気づきました。
パーティーは大成功で、多くのユダヤ人の皆さんに日本酒、そして糖類無添加梅酒の素晴らしさを伝えることが出来ました。

一覧に戻る