南部美人

蔵元直送ネットショップ メニュー

HOME > 蔵元だより > 2月5日

蔵元だより

2月5日

The Court of Master Sommeliersの中の最上級資格、Master Sommelier (世界に129名)の中で、アメリカ在住の4名のマスターソムリエの皆さんと、ワイン雑誌の記者の方が南部美人に蔵見学に来てくれました。
南部美人のアメリカでの卸販売元であるMUTUAL TRADINGの地酒専門の上野さんがコーディネートしていただき、来てくれました。
今回は彼らマスターソムリエが酒蔵を訪問して、どんな風土・気候の中でそれら酒が造られ、それらの酒の特徴は何なのか、そしてそれら酒の特徴が生み出された背景としてどんな理念または食文化があるのか、を知りにワインのスペシャリストが、わざわざ日本までやってきました。
これは、日本酒全体にとっても大変意義のあることで、ワインのスペシャリストが日本酒を向いている、注目して勉強したいと思っている、という点で、今後世界での日本酒啓蒙普及に大きな意味合いを持ってきます。
今回は、ワインの専門家ということもあり、南部美人が契約栽培をしている金田一営農組合の五日市組合長にも協力いただき、雪で覆われてはおりますが、田んぼまでお連れして、米づくり自体からの説明をさせていただき、その後、実際に動いている日本酒の造りの様子を見ていただきました。
食事も地元の郷土料理と、それに地酒をあわせてマッチングを楽しんでいただきましたが、さすがワインのスペシャリスト、日本酒のきき酒をした感想が、今まで聞いたどんな表現よりも素晴らしく、その一言一言が私にとって宝物になりました。
世界に日本酒を認めてもらうには、まずは世界基準と菜ているワインの世界で、どれだけ力のある方に日本酒を知ってもらい、理解してもらい、それを好んでもらうかがキーになると、ずっと考えていました。今回の出会いは、私にとっても、日本酒全体にとっても最高の機会となりました。ぜひこれをこの先へつなげていき、世界へ日本酒を広めていきたいと思います。

一覧に戻る