南部美人

蔵元直送ネットショップ メニュー

HOME > 蔵元だより > 南部美人inNY、LA その9

蔵元だより

南部美人inNY、LA その9

無事に日本へ帰国しました。
今回は長めの出張でしたが、大変意義のあるアメリカ出張でした。
ニューヨークとロサンゼルス、そしてラスベガスと、アメリカの大きな都市をまわってきましたが、日本料理や日本酒は、日本の伝統文化として、かなり根強く、深く、広くアメリカの生活に溶け込んできていると感じました。
それは、高級な和食レストレストランに一部のお金持ちのアメリカ人だけが通うのではなく、ラーメンやお好み焼き、そして居酒屋など、日本の大衆文化が浸透し、寿司だけではなく、別のものまでアメリカで広く認知されてきており、そのスピードも圧倒的に早く、日本食材、日本料理が無ければならない、という状態に近くなってきていました。
日本酒も、日本料理の大衆化に遅れることなく、高級和食店や寿司屋だけにとどまらず、様々なシーンで飲まれるような雰囲気づくりを業界全体でしていかないと、遅れをとってしまうと感じました。
日本酒業界は政府の推進する「國酒プロジェクト」がはじまり、国のバックアップを得ながらこれから世界へ発信をしていきます。この追い風を業界全体でしっかりと受け止めながら、日本の伝統文化の象徴として、広く世界に羽ばたいていかなければいけません。
それには、私たち、次世代を担う若い蔵元の努力が必要で、しっかりとこれからも世界で活躍できるように頑張ります。

一覧に戻る