蔵元直送ネットショップ menu
閉じる
蔵元直送ネットショップ

HOME > 蔵元だより > 【最後のふねしぼり】

蔵元だより

【最後のふねしぼり】

南部美人では私が生まれる前からずっと使っている木の「ふね」があります。「ふね」とはお酒をしぼる道具です。長い間本当に南部美人を支えてくれた木の「ふね」。この度、その役割を終えて引退することになりました。

思い起こせば、この「ふね」との思い出はたくさんあります。私が蔵に帰ってから蔵人の世代交代を加速させていく際に、ふねに袋を折って入れて重ねていく熟練の技術を継承するのにかなり時間を要しました。どんなにやっても漏れてしまい、最後までおりがらみのお酒になったり、熟練の職人のスピードと比べ私達は遅かったので、ポンプが負荷に耐えられず破裂して夜中まで大掃除したり・・・。南部美人の今の杜氏や蔵人が泣きながら頑張った戦友でもあるこの「ふね」。引退はとても残念ですが、第二の人生も用意しております。

まだここでは発表できませんが、あっと驚く「ふね」の第二の人生、正式に始動したらまたご報告します。

今まで本当にありがとう。そして本当にお疲れ様。今はただただゆっくりと休んでください。天国の山口前杜氏さんも引退を笑顔で見てくれてると思います。

なお、最後のふねでしぼったお酒は限定で販売を予定しています。もう2度と飲むことが出来ない、歴史あるこの「ふね」でしぼった最後のお酒、是非記念に飲んでみてください。

 

一覧に戻る