蔵元直送ネットショップ menu
閉じる
蔵元直送ネットショップ

HOME > 蔵元だより > 【2020年ありがとうございます!!】

蔵元だより

【2020年ありがとうございます!!】

今日は大晦日。2020年も終わります。南部美人と私にとって2020年は激動の1年でした。心と魂を燃やし尽くした1年だったと感じています。正直、これだけ心の力を使った年は無かったと感じています。

1月にはawa酒協会の悲願でもあった、超党派の国会議員の皆さんによるawa酒議連の設立、そこから東京オリンピックのレセプションでの乾杯酒に動いていく予定でした。2月はこれもawa酒協会の悲願でもあった、世界中でawa酒で乾杯する未来を実現するために、在外公館での天皇陛下誕生日レセプションで乾杯にawa酒が採用され、私はロシア・ウラジオストックとアメリカの在日本大使館と総領事館へ飛び、awa酒で乾杯を実現させてきました。ウラジオストックとアメリカのワシントンをハシゴしていました。

その後、新型コロナウィルスの感染拡大による緊急事態宣言発令。一気に活動や売り上げがストップすることになりました。

そんな中でも、目の前で消毒用アルコールが手に入らず困っている方々のために消毒用アルコールの製造に乗り出し、全国の有志の蔵元と手を組みオンラインで「うちで飲もうよ」、「繋げ!47都道府県乾杯リレー」、「10月1日は日本酒の日、日本酒ダンス」などを発信してきました。

消毒用アルコールの製造をきっかけにクラフトジンとクラフトウォッカの製造蔵を立ち上げる事もスタートしました。

秋には世界で初めて日本酒とリキュールでの遺伝子組み換えをしていない食品の認定「NON GMO」を取得、日本酒の新たな価値創造を生み出すため「刻SAKE協会」の設立にも参画しました。

正直、これほど自分自身が疲弊する1年もありませんでしたし、迷いぬいた1年でもありました。しかし、そんな私や南部美人を支えてくれたのは、日本中、そして世界中の南部美人ファンの皆様でしたし、南部美人のスタッフでもありました。そして息子の東京農大醸造科学科への進学が決まったことは、私にとって最高の明るい未来の可能性ともなりました。

正直、48年の人生の中で12月31日をこれだけ心が疲弊して迎えた事はありません。これが本音でもあります。しかし、それだけもがき、苦しみ、生き残ることを考え抜いた1年でもありました。この経験は必ずこの後の南部美人に大きな光をもたらしてくれると信じて、2020年を総括したいと思います。

2021年も感染症対策と新型コロナの拡大と戦いながら、人類は1歩前に進む1年となります。願わくば2021年は人類がウィルスに勝ったスタートの1年になり、東京オリンピックが無事に開催されることを祈願して、そして皆さんの幸せを願いたいと思います。

どうか2021年も南部美人をよろしくお願いします!!

 

株式会社南部美人

代表取締役社長(五代目蔵元)

久慈 浩介

一覧に戻る