蔵元直送ネットショップ menu
閉じる
蔵元直送ネットショップ

HOME > 蔵元だより > 【磐城壽、福島県浪江町に酒蔵を復活!!!】

蔵元だより

【磐城壽、福島県浪江町に酒蔵を復活!!!】

私の東京農大醸造学科時代の同級生で福島県浪江町で「磐城壽」を醸していて、東日本大震災で蔵が全て津波に流され、今は山形県で酒造りをしている鈴木大介社長が、とうとう、念願の地元浪江町で酒造りを再開する事になりました!!
会うたびに、いつかは浪江で必ず磐城壽を醸すと言い続けた男の言葉がやっと真実になります。
道の駅に蔵を入れるとの事、全国でも珍しいですが、もともとの場所は津波が来るのでそこでは酒造りを出来ないでしょうから、こういう選択になったのだと思います。
しかし、地元浪江町で酒を醸せるという事実には変わりません。浪江の水で浪江の米で浪江の磐城壽が復活する事を心からうれしく思います。
言葉は口にしてはじめて実現するのだ、その強い想いがあれば必ず困難を克服し、無理だと誰もが言った浪江での酒造りを被災から10年かからずに再開できる事、同級生として誇りに思います。
頑張れ、大介!!お前の後ろには同級生の蔵元がみんなついているよ。
地元で醸す喜びを噛みしめ、10年ぶりの浪江の磐城壽で乾杯しようぜ!!
大介、本当におめでとう!!

■ニュースはこちらから 
https://www.minpo.jp/news/moredetail/2020072377366…

 

一覧に戻る