南部美人

蔵元直送ネットショップ メニュー

HOME > 蔵元だより > ひと雫、モンドセレクション初出品初金賞!表彰式

蔵元だより

ひと雫、モンドセレクション初出品初金賞!表彰式

岩手県雫石町の田んぼを舞台に、地域や年齢・性別を越え、みんなで楽しみ【造るひと】×【伝えるひと】×【味わうひと】がつながるプロジェクト『雫石 ひと雫の酒プロジェクト』。南部美人の蔵で雫石の米、雫石の水を原材料に醸 された「純米大吟醸ひと雫」。このお酒が2019年のモンドセレクションで見事初出品で初金賞をいただきました!!

雫石を愛する農家の皆さんが主催するこのプロジェクト。南部美人で醸すからには、必ず良いお酒を醸して、どうせなら世界のコンテストで評価してもらいましょう!!という想いで出品しました。仕込む前から、金賞取ったら農家の皆さんもローマの表彰式に行くんですよ、と言い続け、見事に金賞をいただき、農家の代表のお二人と、羽織袴で金賞のメダルと賞状を頂いてきました。

はじめは「本当に行くの?」と物怖じしていた農家の皆さん。でも自分たちが心を込めて命をかけてつくった酒米で醸されたお酒が世界で評価されたという事は、米も農家の皆さんも評価されたという事で、今回の主役は農家の皆さんなんですよ、と鼓舞してローマまでやってきました。

初の世界の舞台での表彰式に、農家代表のお二人は感無量の表情でその時を待ち、いよいよ呼ばれて舞台にあがり、最高の瞬間を迎えることが出来ました。

農家の仕事はとても大変で、つらい事もたくさんあったのですが、それを乗り越えて、世界の舞台に登る事が出来る。こんな晴れ舞台に登れる農家の方が岩手に何人いるのでしょうか。奥さんやお父さん、お母さん、そしてかわいい子供達。みんなの力があって出来た酒米。それが世界で評価されて、最高の晴れ舞台に立つことが出来た喜びは、あのステージに立った人にしかわからない価値です。

農家の仕事を夢のある仕事にしたいと私はずっと思っていました。その夢の1つが叶いました。来年もまた出品して、今度はもっと多くのプロジェクトメンバーの農家の皆さん、家族でステージに再度登る夢を見て、最高のモチベーションの高さで今年の米作りも頑張るそうです。

自分たちのしてきた仕事を評価してもらう。それも世界から。日本酒がそれに関われたことに誇りを感じました。彼らの夢を実現できて私も本当に安心しました。また来年多くのメンバーでこのステージに戻ってきたいと思います!!今年の米作りも一緒に頑張っていきます!!

*モンドセレクション:1961年の設立以降、数々の消費者製品を試験、評価し優秀品質ラベルが授与され、 毎年 世界各地から寄せられた製品に対し、70名の専門家が他からの干渉を受けることのない、完全に独立した形で試験やテイスティングが行われ、その結果により消費者への品質の保証となる賞が授与される権威あるコンテストです。

*ひと雫の酒プロジェクト:https://www.facebook.com/hitoshizukunosake/

*ひと雫の酒の販売は雫石町の道の駅で:https://www.anekko.co.jp/shop/products/list.php?category_id=11&fbclid=IwAR0L7pooO7cax8r0Bh93edD6_8voB9FR9RlxzI1mVCk1QcEVy0TTH5Eyn1I

 

一覧に戻る