南部美人

蔵元直送ネットショップ メニュー

HOME > 蔵元だより > 南部美人inシアトル

蔵元だより

南部美人inシアトル

サンフランシスコを後にして、シアトルにやってきました。サンフランシスコは大変寒く、ちょっとびっくりしましたが、シアトルはサンフランシスコよりもはるかに北なのに、夏のような暑さと、まったく湿気がないので、とても快適な気候です。
今回は、シアトルで地酒専門酒販店とバーをしている「sakenomi」のジョニーさんを訪ねてやってきました。ジョニーさんは、何と岩手県で英語の先生をしていたこともあり、岩手には関わりの深い方で、月の輪のひろこちゃんは何と教え子、という関係でもあります。
お店のオープン前にロスでお会いしておりましたが、その際に「オープンしたら行きます」と約束をしていて、守れなかったので、今回はやっと約束を果たしにやってきました。
尾瀬先生の漫画「蔵人」の10巻でもジョニーさんは実名で出てきており、大変な日本酒通の方で、お店も地酒好きならば誰もがワクワクするお店になっていました。さらにバーも一緒にやっているので、その場で飲みながらお酒を選ぶこともできる、酒好きにはたまらないお店です。お酒の品ぞろえも豊富で、南部美人だけでも4種類も取り扱っていただいておりました。
このジョニーさんのお店の常連のアメリカ人の皆さんと、南部美人のお酒と、シアトルの海の幸で楽しむ会を開催しました。昼の会でしたが、大変盛り上がり、たくさんの質問をいただきました。さらには、私が日本から持参した「大吟醸初ばしり」を皆さんに味わっていただき、とても感動していただきました。
シアトルは、メジャーリーグのマリナーズのイチロー選手の影響もあって、日本では大変有名な都市です。sakenomiのお店は何とそのセイフィコフィールドから歩いて10分のところにあります。野球をやっている息子をぜひ今度は連れてきたいと思います。
シアトルでお世話になった皆さん、本当にありがとうございました!!

一覧に戻る