南部美人のお酒

糖類無添加リキュール

「糖類無添加『梅酒』」商品イメージ

糖類無添加「梅酒」

「純米酒、梅」のみ、甘味料を一切使わないで仕込んだニュータイプの梅酒です。南部美人の持つ特殊技術「全麹仕込み」を応用し、純米酒本来の旨味を引き出して仕込みました。すっきりと軽快で大人な味わいは、幅広い料理と合わせることができます。

詳しくはこちら

「糖類無添加『ラズベリー梅酒』」商品イメージ

糖類無添加「ラズベリー梅酒」

南部美人の特殊技術『全麹仕込み』より、原材料には「純米酒」「ラズベリー」「梅」だけを使用。非常に貴重な国内産ラズベリーの果汁を100%使って生産したリキュールです。

詳しくはこちら

砂糖などの甘味原料を一切使用せず、純米酒本来の自然の甘みを追求。アミノ酸のうまみを最大限に引き出した、大人のリキュール。糖類無添加リキュールの商品一覧はこちら。

日本酒

「純米大吟醸酒」商品イメージ

純米大吟醸

南部美人の商品の中でも最高峰に位置するお酒で、JALのファーストクラスで機内酒にも採用されたこともあります。芳醇な香りと濃密な味わいがバランス良く表現された格調高いお酒です。

詳しくはこちら

「特別純米酒」商品イメージ

特別純米酒

南部美人の定番なお酒です。地元、岩手県二戸市産の特別栽培米「ぎんおとめ」を主原料としています。ふわっとやさしい果実の香りと上品な米の旨みで後味すっきり。幅広い料理に合う究極の食中酒を目指して造ったお酒です。

詳しくはこちら

「純米吟醸酒」商品イメージ

純米吟醸

特別純米酒同様、南部美人の主力となるお酒です。心地よい吟醸香、お米の甘さと旨味がほのかに広がるが、キレもあり優しく綺麗で上品な純米吟醸です。上品な和食との相性は抜群です。

詳しくはこちら

「大吟醸酒」商品イメージ

大吟醸

山田錦や岩手県二戸市産の特別栽培米「ぎんおとめ」の"特等"を半分以下まで磨きあげて仕込んだ特別なお酒です。華やかな香りとしっとりと綺麗な酒質の中に、甘みと旨味もしっかり残っているバランスの整った淡麗な大吟醸です。現在、ニューヨークの一流レストランでも提供されています。

詳しくはこちら

「綺麗で美しい酒を造りたい」という想いを込めた酒造りを実践。スッキリとした口当たりと、爽やかな味わいを持つ”美しい”お酒。日本酒の商品一覧はこちら。

限定商品

「南部美人頒布会セット」商品イメージ

南部美人 頒布会セット

南部美人蔵元直送でしか味わえない逸品を最も美味しい季節にご自宅にお届けします。

詳しくはこちら

北限のゆずハンドクリーム

北限のゆずハンドクリーム

丁寧に手搾りした岩手県陸前高田の「北限のゆず」を使用したハンドクリームです。のびも良くしっとりといつまでもソフトな潤いが続き、ゆずの豊かな香りが心を安らげます。パッケージは岩手県のデザイナー竹村育貴氏が監修した、親しみやすいデザインとなっています。

詳しくはこちら

味と香りで選ぶ

  • すっきりしたお酒
  • 芳醇ですっきりしたお酒
  • コクのあるお酒
  • 芳醇でコクのあるお酒

日本酒の種類で選ぶ

本醸造タイプ
主な材料:米・米麹・水・醸造アルコール

お酒の種類 特徴
純米大吟醸

精米歩合50%以下、つまり米を半分以上磨き小さくして仕込むみます。純米吟醸よりも吟醸香りが華やかに多くなりやすく、味もさらに端麗な傾向なります。

純米吟醸

精米歩合60%以下に磨き上げ、純米酒よりも洗練され、吟醸香といわれる果物のような香りが出てくることも特徴。日本ではこのタイプのお酒の生、しかもろ過をしないものが人気。

大吟醸

日本の酒蔵がその技術力を研磨するコンテスト「全国新酒鑑評会」から生まれた酒。精米歩合50%以下まで磨き上げた米を酵母が生きるか死ぬかのギリギリの低温発酵で醸しあげる酒。極上の吟醸香と滑らかでやさしい味わいが特徴。

吟醸

高品質な日本酒の代名詞として使われる「吟醸酒」。精米歩合が本醸造よりも上がり60%以上となるので、吟醸香が出やすく、純米吟醸と違いアルコールを添加することで、純米吟醸よりも香りの高いものが多い。エレガントで、上品な酒質が多い。

特別純米 純米

米の味わいが生きているお酒。スムースなものからどっしりと重厚なものまで幅広い酒質がある。食中酒として、万能なお酒が多い。酒蔵による味の違い、技術の違いが一番分かりやすいお酒のタイプ。価格的にもリーズナブルで、日本では今最も注目されているお酒の種類。

特別本醸造、本醸造

味わいがスッキリしていて後味がスムースなものが多い。各蔵の出来上がりに差が少なく、価格も特定名称酒の中では一番リーズナブルでチャレンジしやすいタイプ。軽やかで軽快なお酒が多い。

普通酒

特定名称酒以外の清酒である。米、米麹、醸造アルコールの他に、糖類、酸味料、アミノ酸塩 等が少しでも含まれていたり、アルコールの添加量が白米1tあたり100%アルコールが116ℓを越えるもの、麹歩合が15%より低いものは「普通酒」になります。

日本酒の製造について

日本酒は、製造方法から、まずは大きく2つに分類することができます。

1つは、純米系といわれる米と米麹でのみ作られたお酒と、米と米麹に醸造アルコールを加えたお酒の2種類です。 そして、この醸造アルコールが添加されているお酒でも、原料の白米の重量の10%以下の少量の醸造アルコールを使用した「本醸造」「吟醸」「大吟醸」と呼ばれるお酒と、それ以上の醸造アルコールを使用した「普通酒」とに分かれます。 醸造アルコールが添加されていると聞くと、マイナスなイメージをお持ちになる方々がいらっしゃるとおもいますが、実は醸造アルコールには、酒質を安定させ、クリアで、香りを出やすくさせるというメリットもあります。 特に少量の醸造アルコールを使用した「本醸造」「吟醸」「大吟醸」などのお酒は、すっきりした飲み口で、香りの高いお酒が多く、その味わいを好むファンも多いお酒なのです。

さらに、原料となるお米の精米歩合により、異なるお酒をつくりだすことができます。

「精米歩合」とは

精米歩合とは、白米のその玄米に対する重量の割合をいい、「精米歩合40%」は「玄米を60%磨いて残った部分が40%あります」ということです。
玄米の外側部には、粗タンパク質、脂肪、無機質、ビタミン等が多く、それらが多すぎるとお酒の味や香りが悪くなるため、お米の外側部を除いてこれらの成分を減少させるのが目的です。

「醸造アルコール」とは

醸造アルコールが添加されていると聞くと、マイナスなイメージをお持ちになる方々がいらっしゃるとおもいますが、実は醸造アルコールは、酒質を安定させ、クリアで、香りを出やすくさせるというメリットもあります。特に少量の醸造アルコールを使用した「本醸造」「吟醸」「大吟醸」などのお酒は、すっきりした飲み口で、香りの高いお酒が多く、その味わいを好むファンも多いお酒なのです。